おすすめの転職の方法、それはずばり、「大手の求人広告に頼らずに転職する」です!

広告に頼らない 仕事

はじめまして。僕は29歳の男性会社員で、妻と子供と3人暮らしをしています。
共働きなので休みの日は主に家事と育児..とても大変ではありますが、それなりに楽しみながらこなしています。
そして実はこの年でもう転職を3回やっています。
転職してみたら想像と全く違っていて大失敗したこともあります。
ようやく今の会社で落ち着いて、そりゃ100%満足することはないけれど、しっかり納得して働けています。
人手不足の現代において転職の方法は本当に様々あるので、なるべくオススメの方法をお伝えしようと思います。

おすすめの転職の方法。それはずばり、「大手の求人広告に頼らずに転職する」です!
その理由はこちらです。

1、求人広告に載ってる求人はたいてい何らかの大きな理由が企業側にあって、社員が定着せず辞めていくから。
2、求人広告に頼らずとも仕事は探せるから
3、求人広告に頼らないことで本当に自分に合った仕事を見つけやすくなるから。

それでは、順番に解説していこうと思います。

求人広告に載ってる求人はたいてい何らかの大きな理由が企業側にあって、社員が定着せず辞めていくから

これはもう皆さん一度は耳にされた事があるのではないでしょうか。
求人広告に載ってる会社は大概ブラックだの、特にずっと掲載されてる会社は特に危険などなど。
でも実際その通りだと思います。
期待を膨らませていざ入社してみても想像と違っていて失敗してしまう可能性が高いです。
僕も求人広告が謳うその会社の数多の魅力に魅せられて入社して失敗したくちですから..。
そもそもの求人広告の仕組みですが、企業が求人広告屋さんにお金を払います。
すると当然、求人広告は企業に「寄せた」内容になっててもおかしくないですよね。

人気の仕事は求人広告を出す前に人材が集まってくるようです。欠員でも増員でも関係なく、企業が求人広告などで呼びかける前に人が寄ってくるらしいです。
そんな求人を探す方が転職の成功には近いと思います。

求人広告に頼らずとも仕事は探せるから

今はもう令和時代。なんでもかんでもネットで繋がって探せるようになりました。
企業の求人は求人広告以外にも載ってます。
企業のホームページです。
気になる企業のホームページを手当たり次第に開き、求人を探してみましょう。
結構沢山あるはずです。

求人広告に頼らないことで本当に自分に合った仕事を見つけやすくなるから

1番の理由がこちらです。
なぜなら、転職してみて「失敗した!」と感じるのは自分という人間と企業のマッチングが失敗しているからなんです。
求人広告という「偏った」文章でマッチしたと感じても、それは嘘の可能性が高いです。
なので基本的なことですが、自分と業界の研究をしてから仕事に応募する方が良いと思います。その結果として求人広告に載ってる仕事を選ぶならそれはそれでアリだと思います。
一つだけ、効率の良い仕事の探し方を紹介するとindeedです。
これは求人広告だけでなく企業内ホームページの内容も拾ってきてくれるので、良い情報もそれなりに集めることが出来そうです。

まとめ

まとめると、自分の好きなやりたいことを仕事にしようという当たり前の話になります。
でもこの当たり前をやりにくい時代だからこそ、少し工夫して求人を探す必要があるかなと思います。

今の日本の有効求人倍率はバブル期並みと言われています。
絶対に自分がもっと楽しめる仕事はどこかにあるはずです。
納得して転職できるよう、自分が何をしたいのか、どんな会社で働きたいのかしっかり選ぶ権利はあなたにあります。
偏った情報に惑わされないよう、頑張ってくださいね。

コメント