おすすめの転職方法ばエージェント等に自分から赴き転職をする

転職は自分から赴き 仕事

私はは35歳の男性、エンジニアです。

家族構成は一人でマンションに住んでいますので独り身です。

私のおすすめの転職の方法ですが、
転職をする際に転職エージェント等で自分から転職を斡旋してくれる場所に赴き転職をすると良いでしょう。

その理由ですが、まず、転職を斡旋してくれるサービスを行っている会社は、転職をしたい人の実績や人柄を見ます。

ネットの転職斡旋の場合、転職をしたい人の実績は見ますが人柄についても同様に結局はどこかで確認をします。

ですので予め転職を斡旋してくれる企業で顔を合わせてから、どのような転職先を希望するかを提示したほうが良いのです。

ネットでも結局は最終的には向こうで面接官の方と転職の斡旋を担当した人物と会うので出来れば、転職を斡旋してくれるサービスを提供している場所に訪れていた方がよいと言うお話です。

転職を斡旋するサービスを提供している場所では、自分の実績にあった転職先をアドバイザーの方が探し出してくれます。

この時、転職を斡旋するサービスを提供している場所を1社だけにするのではなく複数社登録しておくことでさらに転職先を探してもらえることが出来ます。

もちろん自分で転職先を探すのであれば、インターネットで探す方法があり、自分から企業の採用情報を確認して、転職したい企業に直接応募をするという方法もありますがこの転職方は、企業が転職希望者を募集していないと応募すら出来ないので注意です。

自分で応募する場合のメリットは自分で企業に応募する理由を考え、第3者のアドバイスを介さずに応募する理由を記載できます。

転職を斡旋するサービスを行う場では転職の際、転職する理由をアドバイザーが考えることが多いので、自分の意見が通らないことが多く、希望している職種につけないことも多いです。

これは、アドバイザーからしてみれば、絶対に転職に成功させないといけないと言う理由があり、理由はアドバイザーの実績として反映されるため、言ってしまえば、転職を希望する方の実績が伴っていない場合、希望していないお仕事に就かされるということです。

ですが、一応、アドバイザーとしては転職には成功したとみなしますので転職を望む側が望んでいない仕事でも成功したとみなすのです。

これが転職サイトや斡旋施設を利用する際のデメリットでおすすめの転職方としてはアドバイスを受けたり、能力があれば希望する転職先にいけますが能力がない場合、自分で企業に応募するしか無いのです。

まとめ

転職をする上でおすすめの転職方としては、転職を斡旋してくれる施設を利用して、自分の能力と人柄を評価してもらうことです。

その上で転職をする際にアドバイスをもらい転職を成功させることが望ましいです。

ですが能力が自分にはない場合や人柄なども自身がない場合は、自分で企業が転職を臨む人を募集していることがありますのでそれに自ら応募して転職をするという方法があります。

こちらですと能力や資格に関係なく、転職をすることが出来る資格を獲ることができますが、必ずしも転職できるわけではないので、転職を必ず成功させたいのであれば、転職を斡旋する施設をりようするに漉した事はないです。

アドバイス

アドバイスとしては、自分で転職先を選んで転職をする場合、企業としては能力を評価しますので能力がある人物であれば転職は成功しやすいです。

そうでない場合は、自分に合った仕事をアドバイザーから選んでもらい仕事に付くなどをして転職をする方法が無難に転職を成功させる近道になります。

アドバイザーの人は人柄やしぐさなどを見て表情なども読み取りながら転職者にあったお仕事を紹介することに長けていますので転職を支援する施設を利用しないことに漉した事はありません。

コメント