転職エージェントサイトを使わない転職方法がおすすめの理由

フリーランス転職 仕事

私は30代の男で、フリーランスとして転職に関する記事のライターなどをやった経験もあり、実家で両親と住んでいます。

転職をする際にはどういった方法がおすすめか?というと、結論としては転職エージェントサイトなどを使わない方法になります。

その理由はいろいろなものがありますけど、主に以下のものがあてはまります。

・ライバルが少ないので競争率が低い
・熱意をもって応募してくれたとみなされる可能性がある
・多くが知らない穴場的な企業が見つかる可能性がある

こういったところが転職エージェントサイトを使わない転職方法がおすすめできる理由になります。

ライバルが少ないので競争率が低い

ライバルが少なくて競争率が低いということに関しては、多くの人は転職エージェントサイトなどのインターネットの求人サイトを使って転職活動をするはずです。

そうなると、そういったサイトに求人を出している企業に多くが集まるので、自分も同じ方法を使うことですでに求職者が集中している企業を受けることになります。

つまり、自分が転職エージェントサイトなどから応募をして、その企業を受けると、すでに求職者が大量にいる企業の選考を受けざるを得ない状況が起き、それは競争率が非常に高い状況と言えるので、内定を貰える確率は低くなってしまいます。

しかし、転職エージェントサイト以外から転職活動をすることで、多くの求職者が注目しないところに求人を出している企業を受けることができ、競争率がより低いところを受けられて、内定の確率が上がると言えるのです。

熱意をもって応募してくれたとみなされる可能性がある

熱意をもって応募してくれたとみなされるに関しては、これは転職エージェントサイト以外から求人を見つけたということを面接などで話すことで、その企業に関する熱意を伝えることができます。

多くが知らない穴場的な企業が見つかる可能性がある

転職エージェントサイトを使うということは、たくさんある企業の中から望ましいところを見つけようとするという意図があるはずです。

つまり、特定の企業じゃないと嫌というよりは、自分にとって望ましい企業であればどこでも良いという意思が感じられるのです。

しかし、例えば企業のSNSにあがっている求人を見つけて応募したということを話せば、その企業のSNSを見ていないとできないので、これは確実に熱意がある、志望度が高いという解釈をしてもらえるはずなのです。

したがって、SNSというのは1つの手段になりますが、そういった転職エージェント以外の場所にある求人を探して、応募するということは内定の確率を高められる可能性があります。

穴場的な企業が見つかるかもしれないということに関しては、転職エージェントサイトではないところに求人を出している時点で、多くの目には留まらない可能性が高いです。

したがって、実は待遇的に優れているのに、競争率が高くない、倍率が上がりづらい企業が見つかるかもしれないということになります。

そういった企業が見つかるかもしれないというだけでもメリットはあると言えるでしょう。

まとめ

転職をするときのおすすめの方法としては、転職エージェントサイト以外を使うというのがおすすめで、それ以外ならば具体的な方法は問いません。

・SNSや求人雑誌、
・街中の張り紙、
・あとは知り合いからの紹介とか、

いろいろな方法があると言えますけど、そういったものから企業への応募を始めてみるというのは非常におすすめです。

ただ、そういった手段から応募するときには、その応募する企業が転職エージェントサイトに求人を出していないことがベストなので、その確認がもし可能ならば少しでもやっておくと良いです。

転職エージェントサイト以外でわざわざ求人を出している企業であれば、あえて転職エージェントサイトに求人を出すことをしているケースは多くはないと言えますが。

というのも、多くが注目する転職エージェントサイトに求人を出しているならば、それ以外の多くの人の目に留まりづらいところに求人を出す必要性はあまりないので、結果的に転職エージェントサイト以外で求人を見かける企業は、実際に転職エージェントサイトに求人を出している可能性は低いでしょう。

転職活動をして、内定の確率を上げたいならば、多くがとる行動とは別のやり方を選ぶというのは重要なポイントですから、そういったことはアドバイスとして知っておいてほしいです。

ビジネスにおいて、他の会社と違うことをやる、みんながやらないことを実践するというのは必要なことですが、それは転職活動においても言えることなのです。

コメント