引っ越しで悪徳業者に騙され、単身の引っ越しで10万円の高額請求をされた件

引っ越し悪徳業者に騙される 生活

私は45歳の男性で私立中学校の教諭をしています。

現在は独身であり、東京都内にマンションを借りて生活しています。

おすすめの引っ越し業者の選び方についてですが、私自身も今までの人生の中で数回の引っ越しを経験していますが、業者選びでは失敗したこともあります。

もう10年以上も前の話になりますが、悪徳の引っ越し業者に騙されてしまったらしく、単身者の引っ越しであるにもかかわらず、10万円近くの高額請求をされてしまったのです。

荷物の量は明らかに少なく、移動距離も大したことはありませんので本当にショックでした。

ショックというよりは憤りの気持ちがめらめらとわき起こってきたことを今でも鮮明に覚えています。

振り返ってみると、悪徳業者に引っ掛かったときは、入念に業者の内容についてチェックすることなく、目先の安さだけに注目して飛び付いてしまったということができるのではないでしょうか。

そもそも、私がその引っ越し業者について知ることになったきっかけは、自宅の集合ポストに投函されていたチラシです。

チラシの内容を見ると、とにかく料金の安さだけを謳い文句にしていました。

あまりにもリーズナブルな価格のため、怪しく感じてしまい、ホームページを確認することに。

すると、ホームページもものすごく簡素なものとなっていました。

私はこの時点で、おかしいと思えばよかったのですが、解釈を間違ってしまうことになります。

「ホームページなどの余計なものにはお金をかけずに活動しているのだ」という理解をしてしまいます。

案の定、まんまと悪徳業者の魔の手にやられてしまいました。

作業自体のクオリティやスタッフの態度については、決して悪い感じはしませんでした。

荷物自体の少なさもあり、あっという間に終了。

しかしながら9万円をこえる請求額に対して唖然としました。

責任者に確認したところ、ホームページに掲載の金額はあくまでも最低限だという苦しい言い訳でした。

私は泣く泣く請求された通りの金額を払うことにしました。

それ以来、引っ越し業者を使う場合には、できる限り信頼性の高い大手企業を見つけるようにしています。

サカイ引越センターやアーク引越センター、アリさんマークの引越社などの上場企業や大手に頼んだ方が無難だと思うからです。

これらの引っ越し業者は、認知度が高いばかりではなく、研修制度や人材育成などにも積極的に投資を行うなど、全ての面で期待ができます。

また、ホームページや運営サイトの情報も信頼性が高くなっています。

いつまでも内容を更新することなく、古いままの内容を掲載しているようなことはないでしょう。

引っ越し費用が安いことは、確かに魅力的なことには違いありませんが、それだけを理由にサービスに飛び付くのはやめた方が無難です。

引っ越し業者の選定の重要項目には、保険などにもしっかりと加入していることなどのポイントもチェックすることが大事です。

依頼者の大切な財産を壊してしまった時の弁償や補償の対応力の差がもろに出てしまうこともありますので注意が必要です。

不自然なほどに安い料金の引っ越し業者の場合は保険に入らずに営業しているケースも少なくありません。

この保険加入の有無についても意外な盲点となる場合もあります。

それから、最終的に引っ越し業者を決める場合には、口コミや評判なども入念にチェックするべきです。

とりわけ、実際に利用したことがある人の体験談や経験談などが参考になることも覚えておきましょう。

人口減少などの影響もあり、大手であっても現場スタッフの数が足りないのが実態です。

できることなら、繁忙期となるシーズンを避けることも引っ越しを成功に導く方法といえます。

コメント