私は湿疹に悩んで、ずっと一人で考え込んでいました。

ある日、どうしても痒く、湿疹の範囲は広がって治りませんし、もう誰かに、助けてほしいいとおもって、皮膚科へ行って見ることにしたのです。

皮膚科の先生は、湿疹を目視して、直ぐに「湿疹ね。ステロイドをちゃんと塗って治しましょう。」と言って、リンデロンを処方する、と言われました。

そして、「首から上は、薬を吸収しやすい皮膚だから、リンデロンじゃなくて、ロコイド軟膏を使ってね。」と言われました。

それから、体には、リンデロン、首、顔にはロコイド軟膏を付けておりますと、三日も経たないうちに、湿疹は収まりつつあったのです。

こんなに早く効果がある物ならば、悩まず、もっと早く処方してもらえばよかった、と大きなため息が出ました。

優しいステロイド、ロコイド軟膏も、ずっと使っていてよい薬ではありませんが、三日程つけるだけで、効果があるのですから、サクッとしっかり治してしまうことができますので、躊躇せずに使うことが大切です。

小さい子供さんなど、リンデロンはきついかな、という場合は、ロコイド軟膏を付けてあげるのが良いでしょう。

しかし、大人の体で、湿疹となりますと、ロコイド軟膏よりも、強いリンデロン以上のステロイドの方が治りやすいと思われます。

効かない薬よりも、効く薬でサクッと治す、これがステロイド剤の効果的な使い方です。

お医者様によって、顔には、ロコイド軟膏を使いなさい、と言われる方と、顔には、ステロイドは塗らないように、といわれる方がおられます。

また、小児科等では、ロコイド軟膏ではなく、オイラックスを処方される事もあります。

合う薬に巡り合うまで、随分時間がかかりましたが、分かってしまえばあとはもう楽チンなのです。

参考サイト:市販されていないロコイド軟膏の通販の購入先はこちら