私は数年前から老人ホームで働いています。

介護の仕事をしているのですが、当然お風呂のお手伝いもします。

この仕事を始めてしばらくした頃から、何だか足の指の間の皮がジュクジュクしたり皮がめくれたりするようになりました。

最初はあまり気にしていませんでしたが、よくなる気配もないので悩んでいました。

何が原因か本当にわからなかった理由としては、それまで水虫になったことがなかったからでした。

高齢者は一定確率で水虫の方がいらっしゃいます。

それと仕事柄忙しく、入浴のお手伝いの後にゆっくり足の指の間の水分を拭き取ったりする余裕がありませんでした。

おそらく、感染対策をきっちりしていなかった事が原因でうつったのではないかと思います。

治る気配がないので仕事が休みの日に病院に行きました。

医師の診断は白癬菌、要するに水虫でした。

本当にショックで仕事を辞めようかと思いましたが、きっちり治療をすればよくなるし、感染対策をしっかり行えばうつることもないと医師より言われました。

その日は塗り薬のラミシールを処方されました。

当日から入浴後に塗るようにして様子を見ました。

それ以外にも、入浴後などは必ず患部をしっかり乾かすためにドライヤーで乾かしました。

そのあとにしっかりラミシールを毎日塗りました。

それから2週間ほどで、ほとんどジュクジュクは無くなって乾燥しました。

それからしばらくしてどこが患部だったのかわからないくらいに治りました。

水虫は感染するのに高温多湿という条件が必要らしく、今は必ず入浴のお手伝いの後は足の指の間をドライヤーで乾かして感染予防をしています。

それ以降は再発することは今のところありません。

たかが水虫と侮らず、しっかりと医師の診断を受けた方がいい結果につながりやすいのではと思います。

参考サイト:ケトコナゾール市販!ケトコナゾール配合クリームが通販で買えます。