かゆい、とにかくかゆくてたまらないし、どうしてこんなにかゆいのか不安だわ、といいう思いが日々募ってくる、どうしたらよいのかしら、と途方に暮れてしったときでした。

皮膚科にすぐに行けばよいのですが、なかなか時間なんて取れませんからつい行くのが遅くなってしまいます。

そしてやっと皮膚科を受診しますと、ドクターは一目して、「湿疹です。」と言い放ちました。

詳しく見ようなんていたしません。

「リンデロンを塗っていてください。」といいますと診察は終わりです。

「先生、リンデロンとはステロイドですよね。どのくらい使ってもよいのですか?」と尋ねますと、「数か月使っても大丈夫でです。まずは湿疹を治しましょう。二週間たって治らなければまた来てください。」といわれました。

ステロイドは怖い薬だといわれていますけれども、二週間くらい使っても問題ないとは驚きでした。

そして、家に帰りまして、指先のかゆくてたまらない湿疹にリンデロンVGを付けました。

かゆみが引いていきます。

指先がかゆくてたまらず、水膨れもできていて、気持ち悪い症状だな、と心底嘆いておりました。

薬をつけ始めてから3日でかゆみは気にならなくなりました。

二週間どころかすぐに治ってしまうのです。

こんなに早く治るのだったらもっと早くいけばよかった、という思いで深い溜息が流れました。

リンデロンはまだたっぷりあります。

早く気づいてサクッと治す、それが湿疹解決の近道です。

かゆがってかいてしまいますと、皮膚に負担もかかりますし傷も増えてしまいます。

早めの受診が大切です。

ただし、リンデロンを塗ってはいけない症状もあるそうですから、困ったときにはドクターに相談するのが最も近道と言えそうです。